〒700-0941 岡山県岡山市北区青江一丁目4番16号(駐車場:あり)

受付時間
9:00~18:00
定休日 
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

086-230-4050

家系図から自分のルーツ(起源)知る

NHKの番組「ファミリーヒストリー」をご存知ですか?

ファミリーヒストリーとは、家族や一族の歴史です。

 

古代から現在、未来に続く自分に繋がるすべての歴史でもあります。

父と母、祖父と祖母、それぞれどこで生まれ、どこで育ち、どこで、何歳の時出会い、生きてきたのか

どのようにして今の自分にたどり着くのか。

誰でも1度はそう思ったことはあるのではないでしょうか。

 

また、ファミリーヒストリーを知ることは、自分の根っこを知ることでもあります。

そのご先祖探し・自分のルーツ(起源)探しの一つとして、「家系図」が実はとても役立ちます。

家系図とは?

※実際はイラストではなく、   
名前・生年月日等を記載します。

家系図は、父母や祖父母、子孫、兄弟姉妹など、自分のルーツ(起源)につながる先祖・家族の名前を一覧表にしたものです。

トーナメント表をさかさまにしたような図表が用いられ、先祖から子孫へと同じ苗字の一族がまとめて記されています。

家族の歴史を辿り、それぞれの名前や生没年月を明らかにします。

家系図を見れば、たくさんいるご先祖様の一人がかけても、自分が存在しなかったことに気づかされ、受け継がれてきた強い絆を身近に感じることができます。

戸籍を辿るだけで、知らなかった物語もたくさん見えてきます。

家系図をたどると自分の起源が分かる

家系図の利用用途は、沢山あります。

 

  • ご先祖様の存在に感謝することができる

子供も、仏壇の前で拝むより先祖の大切さを実感できます。

歴史を身近に感じられるので、歴史教育にも役立ちます。

終活スタートを機に、ご先祖のゆかりの場所を巡りたくなるかもしれません。

  • 結婚や結婚記念日のプレゼントとして

大切なご先祖様から続く、両親・子供たち・孫たちの名前をみて、きっと今まで聞いたことのなかった、懐かしい思い出話を聞かせてくれるはずです。

また、両親にとっても、子供に家族の歴史を語り継ぐよいきっかけになるのではないでしょうか。

家族の絆を家系図として形に残せば、作って終わりではなく、形見として子供に託し、後世に渡っていつまでも引き継いでいってもらえる宝物になります。

結婚のプレゼントとしても、結婚記念日のプレゼントとしても、素敵な贈り物になるでしょう。

 

  • 家系図で名字をたどる

親がつけてくれた名前にも由来があるように、自分の名字にも由来があります。

自分のルーツをたどり、新しい自分をみつけ、引き出しが増えて自己研鑽にも活用できます。

どのくらい前までさかのぼれるのか

日本に戸籍制度ができたのが1872(明治5)年(壬申(じんしん)戸籍)です。

しかし、この明治5年式戸籍は差別につながる情報が記載されていたため、現在は公開されていません。

なので、現在取得できる一番古い戸籍は、1886年(明治19年式戸籍)です。

 

つまり、戸籍では150~200年前のご先祖までたどれます。

江戸末期~明治初期の先祖の名前や生まれた年、亡くなった年がわかります

さかのぼれる世代数は、先祖の存命期間や隠居・分家時期、あるいは戸籍の改正時期等に左右されますが、世代数(両親を1代前と数える)でいうと、おおよそ3~5代前までわかることが多いです。

西暦でいうと1800年初めの文化、文政の江戸時代に活躍した小林一茶、伊能忠敬、そして外国では皇帝に即位した頃のナポレオンの時代までの先祖が記載されていることもあるのです。

思い立った時にすべき

1.戸籍の保存期間は150年

2.天災による資料の紛失の可能性

いざ先祖のことを知りたいと思ったときに、資料が残っていないということにならないよう、思い立った時に取り掛かることをおすすめします。

 

人生の節目にこそ、ご先祖探しをしてみてはいかがでしょうか?

家系図の作成で、自分の生まれたときのことや、生まれるまでのことを戸籍から知る貴重な体験ができます。

吉井財務は、家系図作りもサポート致します。

お気軽にお問い合わせください。

女性司法書士が対応いたします。 お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
086-230-4050
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日